即日振込キャッシング※ブラックでも借りれる所は街金?消費者金融?

 

即日融資を受けたい方にオススメの金融業者

 

最近では審査スピードが早いことをウリにしている業者も多く、即日融資を受けたいとおもっている方の希望をかなえてくれる金融業者は多くなっています。

 

即日融資を受けたいとおもっているなら業者選びは迅速に、そして確実に即日融資を受けれる業者選びをしなくてはなりません。

 

即日融資を受けたい・審査には通りたい。・在籍確認電話で職場の人間にバレたくない。・必要書類は少ないほうが良い・金利は低いほうが良い・なんなら金利0が良い・借金地獄に陥りたくない・滞納したくない・ブラックになりたくない。

 

キャッシングを検討中の方が『これってわがままなの?』とおもってしまうような要望もかなえてくれるキャッシング業者はあるはずです。

 

今回は即日融資を受けたい方が選ぶべき条件や審査にクリアする方法などについて詳しく解説していきます。

 

即日融資は消費者金融のほうが受けやすい?

 

消費者金融の公式ホームページや広告を見ていると『最短30分で審査』『即日融資』という言葉が目に飛び込んでくることがありますよね。

 

即日融資を受けるための近道はまず『即日融資可能』である業者を選ぶことから始めましょう。

 

消費者金融と銀行カードローンを比べてみると、消費者金融のほうが即日融資をウリにしているところが多いですが、最近では銀行カードローンでも即日融資可能なところが出てきました。

 

消費者金融に比べて銀行カードローンは金利が低いというイメージをお持ちの方も多くいるでしょう。

 

金利面での銀行のメリットを考えているなら即日融資を受けれる銀行カードローンを選択しましょう。

 

即日融資を受けるためにチェックしたいポイントはまず審査スピードが迅速であることです。

 

お金を借りたいと思った時に審査申し込みをして、短期間で審査に通過すればその日のうちにお金を受け取ることができます。

 

しかし融資を受けたいと思っていてもお仕事へいかなければいけない、子供の行事があるなど自分の自由な時間が限られてしまうこともあるでしょう。

 

そんな場合は来店不要のネット申し込み、WEB完結の即日融資可能な業者を選ぶことで通勤の合間や休憩中、家から出ずに申し込みができてしまいます。

 

確実に即日融資を受けたいなら平日の銀行営業時間内に審査を終えておくのが近道となります。

 

しかし銀行営業時間内に審査申し込みが間に合わない!という方は、翌銀行営業日以降の入金を待つしかないのでしょうか?

 

いいえ。即日融資を受けるのは銀行入金だけではないのです。

 

無人契約機を設置している業者を選べば、無人契約機に併設されたATMで銀行営業時間外でもカードを発行しお金を引き出すことができます。

 

そして業者側の提携銀行口座の有無もチェックしたいですね。

 

提携銀行口座を持っている方に対しては24時間・365日メンテナンス時間以外にはいつでも振り込んでもらうことができますから、無人契約機に足を運ぶ姿を見られたくないという方は是非チェックしてみてください。

 

審査の甘い業者選びと金利について

 

最短30分など迅速な審査時間といっても適当に審査をしているというわけではありません。

 

よくネット上では『消費者金融の審査は甘く、銀行カードローンの審査は厳しい』なんて声を目にしますが、正直いって審査に甘い厳しいは存在しません。

 

金融業者に関しては審査を行わずに融資をおこなっているところなんて存在せず、在籍確認も信用情報機関への問い合わせも必ず行っています。

 

確実に審査に通過したいなら事前に知っておくべき条件などがあります。

 

まず、希望融資額について。

 

給料日までの生活費をキャッシングで補いたいと思う場合、小額の融資を受けても給料を貰ったら全て完済できるようなキャッシングと、クルマの購入や結婚式費用の工面など、高額で長期的な返済をする事になるキャッシングがあるかと思います。

 

まず金利面でいうと、低金利のほうが嬉しいはずです。

 

銀行カードローンの金利と消費者金融の金利を比べると、銀行カードローンのほうが低金利であることが多いです。

 

しかし、すぐに完済予定のキャッシングなら消費者金融を利用したほうがお得な場合もあります。

 

それは無利息期間を用意している消費者金融の存在です。

 

キャンペーンや初めてキャッシングする方限定で一定期間に完済すれば金利が0というサービス。

 

いくら低金利の銀行カードローンであっても無利息には勝てませんよね。

 

消費者金融を利用できない方とは?

 

消費者金融でキャッシングしたいと思っていても、ある方は絶対に借り入れができないのですが、なぜかわかりますか?

 

クルマの購入・結婚式の資金調達などといった場合は高額な融資を受けることとなります。

 

その場合に総量規制というものが大きく影響してきます。

 

年収300万円の方が消費者金融で借り入れをする場合、融資を受けれる額は総額100万円までとなります。

 

すでに借り入れが10万ある場合には新たに融資を受けるのは90万までとなります。

 

これは賃金法の総量規制の為。年収の3分の1までしか融資を受けれないという決まりになっています。

 

結婚式費用などで年収の3分の1以上を融資希望しているのなら、消費者金融ではなく銀行での融資を検討しなければなりません。

 

銀行は銀行法の適用となり総量規制の対象とならず、年収の3分の1以上の融資を受けれる可能性もあるのです。

 

希望融資額や年収によっても消費者金融と銀行カードローンの選択を絞られてしまうことがあるということを知っておきましょう。

 

金融機関によっては、審査条件の中に年齢だけでなく、前年度の年収の基準を定めているところもありますので必ず審査申し込みの前に確認しておきましょう。

 

 

金融ブラックの方でも借りられるところは街金?

過去に滞納を繰り返してしまったり、借金の返済が難しくなってしまい、自己破産などの債務整理をした場合には『金融事故』として信用情報に傷がついてしまいます。

 

信用情報に『金融事故』と記載があると、審査の時点で業者側は必ず信用情報を確認して融資可能か不可かの判断をしますので、この時点で『この人にお金を貸してはいけません』というレッテルを貼られているも同然となり、審査に受かる可能性は消えてしまいます。

 

ブラックになるのは、キャッシングの履歴だけではなく、クレジットカードの滞納や携帯電話料金の滞納も信用情報機関に金融事故として掲載されますので注意しましょう。

 

しかも、審査申しこみをしただけでブラックになってしまう可能性もあります。

 

複数の業者に同時に申し込んでしまうと、信用情報機関に『この方は同時に2社に申し込み中だ』ということが知らされます。

 

『よっぽどお金に困ってそうだから返済できないだろう』と判断され、審査には通らず、『申し込みブラック』となってしまうと、以後半年間はその業者に申し込んでも審査には通らなくなってしまいます。

 

 

そんなブラックの方をターゲットに『ブラックでも融資可能』『無審査で即日融資します』と勧誘する業者も存在します。
しかし、このような勧誘をするのは闇金である可能性が非常に高く、融資を受けれたとしても法外な金利で借り入れをさせ、滞納してしまうと非道なやり方で回収します。

 

無審査、甘い審査に注目して業者選びをしているとこのような闇金にひっかかってしまう危険性もあります。

 

毎月滞納せずに返済できていると思っていたら、返済しているのは金利のみで元金が一切減らず借金地獄から抜け出せないなんてことになってしまうまえに業者選びは慎重に行いましょう。